~Lapis~ラピス

2014/05/20 18:21 に FROMST 有限会社 が投稿   [ 2017/09/21 18:16 に更新しました ]

茨城県つくば市の内田宜子さんにレポートしました。

自宅でサロンを構えている、3人のお子さんをお持ちのお母様

売れっ子サロンセラピスト。





内田宜子さん


PROFILE

勤務歴:10年

・ダーマロジカ認定スキンセラピスト






玉田、サロンを開業するきっかけは?

内田さん、二十歳の頃、敏感肌だった私は市販のファンデーションで肌が荒れてしまったんです。その時に紹介いただいた化粧品ですっかりきれいになりブライダルまでお世話になりました。その後、結婚して子供をお腹に授かった時、「この仕事だったら子育てしながらでもできるかも。」と思って、その化粧品会社の資格を取りました。結局はじめたのは、それから8年後でしたけど。

玉田、なぜ須長先生の講習会を受けたんですか?

内田さん、私、その前に、ある会社が主催した、須長先生の『違いの分かる肌分析法』セミナーに参加していまして、そこで先生の講義内容とお人柄にホレてしまったんですよね。それがダーマロジカとの出会いに繋がったわけです。3回講習会に関しては、私の場合、ダーマロジカの導入と受講が同時だったので、受けておくべきだと思いましたし、皮膚の勉強もしっかりして、プロとして極めたいと思いました。

玉田、須長先生の講習会を受けて本音の感想は?

内田さん、この講習会は、須長先生の「お客様の肌を(本質的に)きれいにしたい」という深い愛情と「本物のスキンセラピストになってほしい」という願いを根底に、深い知識と先生のこれまでの試行錯誤の経験が凝縮されていると思います。それを3回にコンパクトにまとめてくださっているんです。まず、とてもわかりやすい!そして、押しつけでなくお客様の肌の為のアプローチができるようになる→お客様が喜ばれる→(無理なく)売上に繋がる→スキンセラピストも嬉しくて更にがんばるという図式に自然になるようになっているんです。その図式にのるためには、スキンタイプの見方や皮膚理論をしっかりと学ぶということが、まず必要なんです。


玉田、みんな幸せになるということなんですね(笑)

内田さん、そうなんです。これはまた、ダーマロジカが「皮膚を健康にするための研究機関」から誕生した秀逸(しゅういつ)な化粧品だからこそ、ここまで学ぶ必要があり、これだけの製品だからこそ、それを活かし、また応えられるのだな~と、最近しみじみと感じています。また、講習会の第3回も素晴らしいんですよ~。肌分析ができ、素晴らしい製品を取り扱える最強!スキンセラピスト(←私たちのことですよ)が、実際どのようにお客様と接し、サロンとダーマロジカのファンになっていただくか、須長先生のノウハウがギッシリ詰まっています。3回とも一言も漏らさないように聞きたいプロのスキンセラピストになるための講習内容です。

玉田、なるほど~。では、何が今までと変わりましたか?

内田さん、お客様の肌を拝見して、皮膚のお話をさせてもらえば、売り上げに繋がる、ということができるようになりました。もし、売り上げに繋がらなくても、いわゆる「セールス」をする必要がないので、お客様に不愉快な思いをさせずに済むので、気が楽です。ホントに仕事が、更に楽しくなりましたね。売上が上がったこともあるけど、お客様のお役にたてる、(結果がでるので)喜んでいただけるというのがうれしいです。

玉田、そうですよね。結局お客様はご自身の肌をきちんと診てくれて本来の美しい肌になれたらうれしいですもんね。アドバイスもたくさん聞きたいですよね・・・。でもいいことばかりですが、今後の課題になったこともあるのでは・・・?

内田さん、そうなんですよ~。とは言っても、まだまだ修行が足りず・・。肌分析に自身が持てなかったり、カウンセリングがつい一方的になったりしてしまいがちで、よく反省しているんです・・。まだ始めたばかりですから、お客様の肌と成長するような思いも持ちながら、まだまだ勉強させていただきたいと思っています。いろんなダーマロジカ製品を使いこなすにはまだ至っていませんが、早くそうなりたいと思っているので、これからが更に楽しみです。


玉田、大丈夫。内田さんなら・・・。既に上級スキンセラピストになっていますよ。情熱を感じます。でもどうして内田さんは十年間も使い続けてきた化粧品を変えようと思われたんですか?

内田さん、美容矯正もやっていますから、正直、化粧品には限界を感じていたところ、ダーマロジカに出会いました。実際、前の化粧品も良かったと思いますが、ダーマロジカと比較すると基本的なスタンス、スケールが全く違うと思います。これまで超敏感な方など、私の手からこぼれてしまう方がいらして、歯がゆい思いをすることがありました。種類が多いということは、どんな方にも対応できますし、それぞれの肌に特化でき、集中した内容になりますので、結果が出やすいですね。実際、導入してまだ6ヶ月、私の肌にもお客様の変化にも驚いています。これだけの結果が出るのは、世界最高クラスの研究機関での研究成果が凝縮された製品だからなのですね。だからこそ、これだけの皮膚の勉強が必要ですし、それに答えてくれる。そして、とどまることなく研究されて進化し、また新しく生み出されていく製品たち。本当に素晴らしいと思います。

あと、私はずっと「本物を、本質的なことを」求めてきました。そういう意味では、ダーマロジカは「本物」だと思います。

玉田、本当ですよね。私もそう思い十六年間ダーマロジカのセールス(I LOVE ダーマ愛用者の一人)をしています。では最後にラピスさんのお店のコンセプトと今後の目標をお聞かせください。

内田さん、コンセプトは「美を通して、お客さまにとって特別な癒やしの時間を提供する」「ラピス」には癒やし、信頼、心の安らぎ、共感という意味があります。

それぞれが抱えていらっしゃる日常を癒やし、寄り添い、背中をそっと後押しができるような時間を共有できたらと思っています。

玉田、素敵ですね。

内田さん、目標は、肌、身体、心。お客様お一人お一人が「ラピス」に期待されることに応えられるようになる。まだまだ知識、技術修得に精進していきたいと思います。

玉田、本当にありがとうございました。

取材を終えて

玉田、私も、肌分析三回講習会を受講しましたけど、本当に目からウロコでわかりやすかったです。スキンセラピスト→肌をきちんと診れる!→結果を出せる→お客様からの信頼が得られる→売り上げUP→みんなHAPPY!

ダーマロジカだからそれが叶えられると私自身が改めて実感しました。


1-1 of 1